そこで「本格コーヒーを1杯150円で出せば、毎日飲んでもらえる」と考えた。しかりビジネスなので、150円でも収益を上げなければならない。そのためにどうするか? 鳥羽社長は頭をひねった。

鳥羽社長が導き出した答えは、極めてシンプルだ。

「4倍の客に、半額の150円で提供すれば、2倍の売り上げが上がる」

すべてはここが出発点だった。

普通であれば、半額以下でコーヒーを出そうと考えると、店の賃料が安い場所で出店しようと考えがちだ。しかし鳥羽社長は逆の発想をした。4倍の客に来てもらうために、むしろ1号店は土地代が高い原宿駅前に作ることにしたのだ。

次の課題は、従来と同じ人数のスタッフで、4倍の客に対していかにサービスを提供するかだ。「とにかく頑張れ!」とハッパをかけるだけでは、すぐに限界が来るのは明らかだ。

当時の喫茶店はすべて、客席で注文を取り、従業員が席までコーヒーを運び、最後に精算するフルサービスを提供していた。ドトールコーヒーショップはこの常識に挑戦し、カウンターで注文を受けて精算し、その場でコーヒーを出すセルフサービスに切り替えた。今は当たり前になったこのセルフサービス方式を定着させたのだ。

「俺のフレンチ」も取り入れた、常勝戦略 | コーヒーで読み解くビジネス戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト (via clione)

(clioneから)

cosmicwolfstorm:

Forest Camo 03 by Alex Figini

cosmicwolfstorm:

Forest Camo 03 by Alex Figini

(lj7stkokから)

poo2:

煙突V3 GIF

poo2:

煙突V3 GIF

(lj7stkokから)

ポカリスエットとアクエリアスの味を「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」の5つの基本味で表してみると、なるほど形は似ています。
しかしよく見ると「甘味」と「酸味」に差があり、ポカリスエットの方が甘く、アクエリアスのほうが酸味が強くなっています。小さな差に見えますが、
95%の人が違いを認識できるレベルの差です。イメージ通り、ポカリスエットのほうが甘いという結果となりました。アクエリアスの「さっぱり」は
酸味成分のクエン酸がもたらすものでしょう。

甘味が強いということは、糖分濃度が高いということです。糖分はエネルギー源になるため、エネルギー補給をしたいときには
ポカリスエットのほうが向いていると言えます。一方、アクエリアスに含まれるクエン酸は運動後に作られる老廃物を分解し、
新陳代謝を促進させる効果があるため、疲労回復にはアクエリアスがよいと思われます。
「ポカリ」と「アクエリアス」の違い、お前ら知ってる? - 【2ch】ニュー速クオリティ (via darylfranz)

(himmelkeiから)

(gkojaxから)

(abcbabcbaから)

unexplained-events:

Photos that make your stomach sink

SOURCE

(rainbowfetから)